精油の安全性・そしてホリスティックケアについての3日間!

精油の化学・安全性。
そしてホリスティックケアについて。

3日間まるまると、それぞれのテーマの
お勉強時間に身を置かせて頂きました。


3日間とは思えない1週間ほどいた様な感覚になるほど、
そこには県内外のアロマセラピストさんに限らず、
薬剤に携わる方・助産師さんなど、ジャンルを超えて
プロフェッショナルな方々と素晴らしい時間を
共有する事が出来ました。

 

『東京アロマテラピーの学校』講師であり、
『アロマセラピーの安全性を考える会』を主催されている
久保田泉先生からお話を聞く事が出来ました。

薬事事業に従事し、西洋医学の中で仕事をする傍ら
アロマセラピーの持つ効果の大きさに着目し
現在活動されている先生のお話は、
専門ジャンルに関わらず人生を通しての経験談や、
愛情溢れるお話しにあっという間の3日間でした。


意外にも歴史が浅い、このアロマセラピーの世界。
どんなジャンルでも共通して言えますが、
新しい情報やいろんなものが溢れる中で、
本当に安全なものを選ぶ時代へと
移り変わってきています。


精油もしかり。
今では100円でも変えてしまう香りの瓶。
溢れる中から、
本当に安心なもの、
そして安全な使い方の重要性。


職業の違いはあれど、
日々目の前の人に向き合い、
共通の想いを持っている方たちが注目し、
集った"アロマセラピー"というジャンル。
その可能性の学びは終わることがないと、
また強く思い知らされました。


いつの時も、初心に帰る。
アロマセラピーの基本・土台をしっかりもつという事も、
昨年も素晴らしい先生から教わった言葉を
思い出していました。


今回主催をして下さったのが、
夏の「海辺のアロマ」でもお手伝い頂いた、
盛岡「親子きずなサロン〜月とアロマと〜」
の野田綾さん。

なかなか都内まで足を運べない中、
この地方にてこの様な機会に参加させて頂けたこと、
とっても幸せな時間でした。

3日間にわたり、可能な限り受講したいという想いで

たくさんの方が参加。

 

学びの場でありながらも、
お昼ご飯と夜ご飯と
細やかな気遣いや心配りのおもてなし…


丁寧に育てられたお野菜で作られる
宝箱のようなカフネさんのお弁当や
ウサギボタニカさん、背負子さんなど。


お野菜のアートが昼から夜までと続き、
こんなに幸せな講座が
あって良いのか・・・!!
(ちゃんと皆、お勉強もしています!笑)

と思うほど講座含めて、
本当に素敵な時間を
過ごさせていただきました。

夜ご飯を待っている間、
中津川沿いのお散歩。

夕焼けが映る川がとても
澄んで綺麗でした。

途中、とても懐っこい野鳥が
近くにやってきて・・・

肩に乗るという奇跡的パプニングもあり、
なんだか宝くじに当たったような気分で…♪

学びの3日間合宿は終了したのでした。

日々接する皆さまとの香りの時間。

またひとつ丁寧に一緒に過ごさせて
頂きたいと思います。


そして私はいつの時も学びの場に足を運ぶと、
会いたかった人に会えるという
不思議な事が起こるのです。
不思議です。

その度に、時間を
出会いを大切にしようと思います。