ふれる

オキシトシン。
皆さん聞いたことがありますか?


気持ちが良いな・心地が良いな。
そんな感覚を通して、脳から分泌される
"癒しのホルモン"。

毎日続く残業・ご飯も食べずに夜中までの
ハードワーク。

そんなあらゆるジャンルで、苦痛な日々が

当たり前になりつつある日本は、
世界的にもトップのストレス大国と
言われています。


そしてこのストレス緩和につながるのが、
癒しのホルモンの"オキシトシン"なのです。


身近でも、そんなストレス環境に巻き込まれ
辛い日々を過ごしている人たちをたくさん
見てきました。


私たちセラピストがさせて頂く
日々のお手伝い。


香りと触れる。


この両方がたくさんのオキシトシンを
分泌させる事が分かっています。


触れられて、香りに包まれて…
とっても幸せな気持ち。


これはワンちゃんや赤ちゃんに触れたり、
抱きしめる時も一緒。
ワンチャンも赤ちゃんも…
胸が苦しくなるくらいキュンキュンに
可愛くてたまらなくなる…
あの感覚。

私は赤ちゃんと動物。
可愛すぎて母乳が出るかと思う時が
あります。(もちろん出ません。)

まさにそう!
あの瞬間・・・

オキシトシン大量発生注意報中。


子供の頃。
お腹が痛い時にお母さんにさすってもらったり、
大人になって、辛そうな人の背中を

さすってあげたり、もらったり。
誰でも経験があると思います。


"触れる"というしぐさは、自然と
その人の心を安らげたり、痛みを
ぬぐってくれたりしています。


アロマセラピーの土台とも言える
この"触れる"。


久しぶりに私もアロマセラピーを通して
触れてもらいました。


普段からお勉強やセミナーを通しての
施術が当たり前の私たちですが、
今回は思いっきりお客様気分で…
大好きな尊敬するセラピストさんから
お手当して頂きました。


あったかくて、やさしくて、
あったかくて…
おくるみにくるまれてゆりかごで
ゆらゆらされているような…
そんな赤ちゃんのような心地よさと、
"大丈夫だよー。"と
背中や頭をなでられているようで…


このあったかい時間にずっと
包まれていたくなりました。
このままゆらゆらと〜
どこまでも〜

どんぶらこ〜
どんぶらこ〜

そのままどんぶら〜
・・・
イケマセン‼︎


大人になると、やるべき事の方が多くなり、
当たり前にこなすこのが普通になってくるけど…

大人だって…大人だって…
優しくされたい‼︎笑

見えない不安と戦ったり、
目の前の当たり前の事に頑張ってるのに。
頑張ってるのにうまくいかない。
心が窮屈になって、
息が浅くなって、
縮こまった毎日。
自分らしさが分からなくなるような。

そんな時があったら、
大丈夫、なんとかなるよ〜♪
って言ってもらってるように背中を
触れてもらって欲しいです。

家族間は時にシビアですが…笑
そんな仲でも…
時にさすってみたり、もらったり。笑

自分にも。
周りの人にも。

そして香り。
本当に必要な人の必要なところへ
届いていきます。


あれやこれや大好きな香りを
ブレンドしてる中から、
ひときわ際立ってきた
月桃の香り。

普段はそんなに選ばない香りでした。
最後はジュニパーと迷い、
月桃を選びました。

月桃は少しシャープでスッキリした

香りたちです。


沖縄のお日様をさんさんと浴びている
その香りが"なんくるないさ〜♪

なんくるないさ〜♪"と
言っているようでした。笑
なんて明るいの!!!(シャキーン)


その日の夜。
優しさの余韻とアロマ談義はやはり
セラピストの心を掻き立て…
ふつふつ。
早く明日にならないかな〜
明日のお客様、どんな方かな…♪
zzz。

優しさの循環が、ここから
たくさん広がるように…
変わらず丁寧に。


香りと触れる。
やっぱり・・・
最強のタックだ!(キラーン)